さくらなし OL

無料を謳うさくらなし OLを使用している中高年や若者に話を訊いてみると、OLほとんどの人は、孤独になりたくないから、一瞬でも関係を持つことができればそれで構わないと言う見方でさくらなし OLを使用しています。
言ってしまえば、キャバクラに行くお金を使うのがイヤで、風俗にかける料金も節約したいからさくらなし、料金がかからないさくらなし OLで、「乗ってきた」女の子で安価に間に合わせよう、と考え付く中年男性がさくらなし OLという道を選択しているのです。
その傍ら、「女子」側では相違な考え方を抱いています。
「すごく年上の彼氏でもいいから、お金持ちで家事をしてくれる彼氏が欲しい。さくらなし OLのほとんどの男性はだいたいがモテないような人だからOL、美人じゃない女性でも思い通りにコントロールできるようになるんじゃないの?ひょっとしたら、カッコいい人がいるかも、中年太りとかは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。女性は皆、OLこのように考えています。
単純明快に言うと、さくらなし女性は男性の容姿か経済力が目当てですし、男性は「安上がりな女性」を目標にさくらなし OLを活用しているのです。

はじめてのさくらなし OL

両方とも、あまりお金がかからないお買い物がしたくて出会いを欲しがっているようなものです。
結果的に、さくらなし OLを使用していくほどに、OL男達は女を「もの」として価値づけるようになりOL、女性も自身のことを、さくらなし「商品」としてみなしていくように曲がっていってしまいます。
さくらなし OLにはまった人のものの見方というのは、女性をじんわりと精神をもたない「物」にしていくような危ない「考え方」なのです。
先日取材したのは、言わば、いつもはステマのアルバイトをしていない五人の男子学生!

ついにさくらなし OLに自我が目覚めた

駆けつけることができたのはOL、メンキャバで働くAさん、さくらなし貧乏学生のBさんさくらなし、自称アーティストのCさん、有名芸能事務所に所属したいというDさん、さくらなし芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めたキッカケを質問していきます。Aさんは後ほどお願いします」
A(昼キャバ勤務)「私は、女心が分からなくて始めることにしました」
B(元大学生)「うちは、収入が得られれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(歌手)「うちは、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ新米なんで丸っきり稼げないんですよ。トップスターになる為には小規模な所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、こんなことやりたくないのですが、差し詰めアンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「わしはOL、○○ってタレント事務所に所属して作家を目指しつつあるんですが、一回の舞台で500円だけしか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(ピン芸人)「実を言えば、小生もDさんと近い感じで、コントやって一回僅か数百円の悲しい生活してるんです。先輩に教えていただいて、ステマの仕事を始めることにしました」
大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーが芸能事務所に所属しているという素敵なメンバーでした…さくらなし、かと言って話を聞かなくてもわかるように、五人にはステマ特有の仰天エピソードがあるようでした…。